ペット保険について

ペット保険について

のりおが膀胱炎、ストラバイト結晶となり病院通いとなりました。
毎回毎回、なかなかのお値段となってしまったためペット保険とはどんなものなのか調べてみました。

スポンサーリンク
Advertisement

アイペット保険

ペット保険といえばアイペットでしょうか。
詳しい内容はホームページ見ていただくのが一番かと思います。
https://www.ipet-ins.com/

主にの二つのプランがあります。

充実した保証のペット保険「うちの子
もしもの時に備えるお手頃な保険「うちの子ライト

簡単に言うと人間の健康保険のように病院に行って3割負担や5割負担で使えるのが「うちの子」です。
アイペット対応の動物病院ですと、この保険証を提示するとまさしく人間と同じように病院側が手続してくれるので負担分を払うだけで済みます。

「うちの子ライト」は人間でいうとがん保険みたいなもので、もしもの手術の時に負担してくれるものです。今回のような膀胱炎での通院では使えませんね。

簡単にWEB見積もりをしてみました。

うちの子ライトがコチラ

うちの子がコチラ

うちの子はなかなか高額になりますね。我が家ですと、この金額×2になりますので月5000円ぐらいの負担となります。

アクサダイレクト

自動車保険でお馴染みですね。
ペット保険も扱っていますし、病院にもパンフレット置いてありましたので確かな保険であると思います。

詳しい内容はホームページ見ていただくのが一番かと思います。
https://www.axa-direct.co.jp/pet/pet_cat/

アイペットでいう「うちの子」と似たような内容になりますでしょうか。入院、通院、手術まで対応しています。支払い制限もありません。アイペットとの違いは、自分で申請しての後払いとなる点でしょうか。その分保険料も下記のように安くなります。

継続治療はまとめてのご請求もOKなようなので、今回のような膀胱炎の治療であれば月に一回申請するようなやり方にすれば面倒さも半減するかと思います。

ペッツベスト

獣医師がつくった保険で、オリコンのお客様満足度2017年度第一位。楽天の人気保険ランキング4年連続第一位の今人気の保険です。

にぎやかなホームページがコチラ
http://www.petsbest.co.jp/element02/index.html?agent=0030001999

特徴としては安い保険料で、なんと8割負担。ただし、上限があります。
BASICとFIRSTのふたつのプランがあります。

WEBで見積もりをした結果がコチラ

最後に

代表的なものをご紹介しましたが、実はこんなに保険会社があります。

アニコムは2016年度ペット保険シェアNo.1だそうです。アイペット同様に対応した病院ですと、簡単に保証が受けられます。
ですが、支払いに上限もあり犬や猫の場合8歳になると入れなくなりますので、あまりお勧めには感じませんでした。

もしもの時の手術は高額になります。ワンコを飼っている方の話しでは、数百万円かかった挙句に治りきらずに亡くなってしまったなんてことも。
我が家はまだ若いですが、今回のようなこともありましたので本気で検討してみようかと思っています。
調べた感じではアクサダイレクトがいいかもしれません。

また、うちのような保護猫の場合、正確な年齢がわからないものです。保険料が支払われないなんてことがないように申込み時に、かかりつけの動物病院で推定のお誕生日(年齢)を確認しておきましょう。

それでは、読んでいただきありがとうございました。

雑学カテゴリの最新記事