愛玩動物飼養管理士

愛玩動物飼養管理士

ペットシッターさんがよく持っている
愛玩動物飼養管理士とはどんなものなのか調べてみました。

スポンサーリンク
Advertisement

愛玩動物飼養管理士とは

愛玩動物飼養管理士とは、「動物の愛護及び管理に関する法律」の趣旨に基づき、愛玩動物(ペット)の愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動などを行うために必要な知識・技能を、公益社団法人日本愛玩動物協会の通信教育によって体系的に修め、所定の試験に合格し、協会より認定登録された者をいいます。
動物の習性や適正な飼養管理の知識の不足から、ペットを飼いきれなくなったり、近隣とのトラブルを起こしてしまったりする事例はあとを絶ちません。
このような状況にかんがみ、本協会では動物関係法令や動物愛護運動史、保健衛生、公害問題、動物の疾病予防、管理士の社会活動、各種動物の飼養管理、犬猫のしつけ等の知識を体系的に習得・普及する指導員を養成するため、「愛玩動物飼養管理士」認定制度を設置しています。この制度の受講者はペットショップや動物病院にお勤めの人たちをはじめ、OLやサラリーマン、主婦、学生、ペットシッター、動物担当の公務員など多彩であり、これらの有資格者の多くは、各職場での日常業務においてはもちろん、地域でのボランティア活動などで活躍しています。 また、愛玩動物飼養管理士は、動物取扱責任者の資格要件のひとつとして、国や自治体から認められています。

日本愛玩動物協会のホームページより

愛玩動物飼養管理士になるには

勉強方法

日本愛玩動物協会が実施している通信教育で知識が技能を習得しなければいけませんので、独学で取得することができません。
2級に関しては、18歳以上であれば誰でも受験することができますが、1級に関しては、2級を取得して更に通信で約6カ月〜8カ月間の講座を受講しなければいけません。

費用

2級
受講料 30,000円
認定料 5,000円
合計 35,000円

1級
受講料 32,000円
認定料 2,0000円
合計 52,000円

なかなか高額ですねぇ。

合格率

また、試験はマークシート問題にて試験を行います。
合格率は約80%だそうです。

最後に

独学で気軽に受けられると思いきや、通信教育で意外と高額でした。
趣味的に受けてみようという感じにしては覚悟が必要ですね。

気になる方はまずは資料請求をしてみましょう。

それでは、読んでいただきありがとうございました。

雑学カテゴリの最新記事