スコ座りとは

こんな座り方をしている猫を見たことありませんか?

おっさん座りとか、スコティッシュフォールドにこの座り方する猫が多いためスコ座りなんて呼ばれています。英語では「Buddha Position」「Buddha pose」なんて呼んでいるそうです。
今回は、なぜこんな座り方をするのか調べてみました。

スポンサーリンク
Advertisement

股メンテのため

まず、こんな座り方をするのはお腹やお股をキレイにするためです。
のりおもスコティッシュな要素は全くありませんけど、お腹やお股メンテするときはこんな座り方をします。

遺伝性骨形成異常症

股メンテ以外でこの座り方をるのはどういうことかというと、先ほどの通り、この座り方はをするのはスコティッシュフォールドが特に多く、たまにマンチカンなんかにも見られるようです。
スコの特徴である折れ耳は先天的な骨の奇形、耳の軟骨の発達異常なのです。
チロ太郎さんもむたこさんもスコティッシュフォールドの折れ耳夫婦(世にも不思議な猫世界では)です。

チビ太郎が男の子なのにも関わらず、三毛猫だという奇跡は、また次回お送りしようと思います。

その発達異常のため、遺伝性骨形成異常症と言われる病気を持っているスコちゃんが多いのです。
この病気を持っていると骨、関節の痛みや変形の症状が見られ、この座り方をするとそれらが和らぐことがあるのでは、と考えられています。
また、病気の他にもスコちゃんは他の猫より体(骨や関節)が柔らかいため、この姿勢をすることが多いとも言われています。

ぱんこ座り

さて、うちのぱんこちゃんは保護猫の雑種なのですが、この座り方している時があります。

なんせ、里親募集中のプロフィール写真がこの座り方です。

ぱんこよ、お母さんかお父さんはスコティッシュフォールドだったのかい?
それともその足の短さはマンチカン?ぱんこに漂う洋猫のような風格はもしかしたらこういうことかもしれません。

この座り方するときは、楽でリラックスしているということなので飼い主のそばでこの姿勢でいるなら、信頼されている証拠といえます。
ぱんこよ、積極的に隣でぱんこ座りをしなさい!

ではでは、読んでいただきありがとうございました。

暮らしカテゴリの最新記事