猫に絶対に食べさせてはいけないもの

猫に絶対に食べさせてはいけないもの

さて、今回は猫に絶対に食べさせてはいけないものを調べてまとめてみました。

スポンサーリンク
Advertisement

人間の食べ物

人間の食べ物は塩分、油分、糖分などが猫にとっては多すぎるため、あげてはいけません。魚の練り物やソーセージ、ハムなど特に猫が好きそうですが塩分が強すぎるので絶対に挙げてはいけません。なんか、たまにアイスとか食べてる動画見たりしますが、良い子は絶対真似をしないように。

ねぎ類

玉ねぎ、長ネギ、ニンニク、ニラなどのネギ類は猫の赤血球を壊す成分があり貧血や血尿、下痢、嘔吐を引き起こしてしまうほか最悪死んでしまうこともあるので絶対あげてまいけません。

うちは玉ねぎ消費量が多いのですが、注意していても落ちていることがありますので料理に使った後は床に落ちていないかもしっかりと確認しましょう。

チョコレート、ココア

カカオに含まれるテオプロミンという成分が中枢神経、心臓、腎臓に影響を与えて中毒を起こします。嘔吐、けいれん、下痢の症状のほか最悪死に至ることもあります。

コーヒー、紅茶、緑茶

カフェインによって中毒を起こします。嘔吐、下痢、けいれんなどを起こします。茶葉を食べるのも危険です。うちは結構コーヒーを飲むのでその粉や豆が落ちることがあります。これからは注意して片づけるようにしなくては。

エビ、カニ、イカ、タコ、生魚など

消化が悪く、生だとビタミンB1欠乏症を起こす恐れがあります。加熱して少量なら大丈夫のようです。甘エビ味で味変を楽しむぱんこさん、食べすぎには注意しましょうね。

貝類

貝が食べた海藻の葉緑素が血液に入り耳などの薄い皮膚で日光に当たると腫れたり皮膚炎を起こす恐れがあります。

牛肉

消化不良やカルシウムの働きを妨げて骨を弱くする恐れがあります。また、生の豚肉にはキソプラズマという寄生虫の心配があるので必ず過熱しましょう。

魚の骨

一見猫が好きそうな魚の骨ですが刺さったり、のどや胃腸を傷つけてしまう恐れがあるので注意しましょう。

牛乳

下痢をしてしまうことがあるので猫用をあげるようにしましょう。

植物

そのほか猫が食べてしまうと危険な植物があります。以下のものは嘔吐や下痢、不整脈などの原因になるので猫が届く場所には置かないようにしましょう。

アジサイ、アロエ、カラジウム、キキョウ、クリスマスローズ、ゴムの木、シクラメン、ジャスミン、スイセン、スズラン、スミレ、パンジー、チューリップ、ヒヤシンス、ポインセチア、ユリ

最後に

いかがでしたか?

以前、のりおが悪さをして食べてしまったものがありました。
それがこちらです。

  • ゆで卵の白身部分
  • ほうれん草
  • 増えるワカメの戻したやつ
  • アジの干物を目を離した隙に盗もうとした

結構やんちゃでしょ(笑)
アジは盗もうとしてちょっとくわえただけなのですが、他はぱくっと食べてしまいました。上記の危険なものには含まれていないようなのでとりあえずは大丈夫ですかね。

むむむ!?
エビを食べている危険だ!!

いや、フライになって
加熱済みなので大丈夫か!!

失礼しました。

それでは
読んでいただきありがとうございました~。

ごはんカテゴリの最新記事