やってみよう ~手作り猫ゴハン~

やってみよう ~手作り猫ゴハン~

さて、今回はあげても大丈夫なものを使ってゴハンを手作りしてみようと思います。

スポンサーリンク
Advertisement

トッピング

まずは、いつものゴハンにトッピングしてご馳走感を出せるものです。これくらいは皆さんやっているかと思います。

おススメがこちら

  • 鶏ささみをほぐしたもの
  • かつおぶし
  • 煮干し(無塩)
  • 無塩チーズ

ふむふむ。
かつおぶしと煮干しはのりおが大好きなのでたまに混ぜてますねぇ。

ってかチーズとか食べて大丈夫なんですね。あー、シーバにチーズ味のありますもんね。

猫のゴハンに利用できる食材

お肉

牛肉、牛レバー、豚肉、豚レバー、鶏むね肉鶏ささみ肉、鶏レバー、羊肉、卵黄

お魚

タラ、カレイ、ヒラメ、マグロ、アジ、煮干し(無塩)、かつお節

乳製品

チーズ(カッテージ、プロセス、パルメザン)、プレーンヨーグルト、猫用ミルク

野菜

ニンジン、カボチャ、サツマイモ、大根、カブ、小松菜、ブロッコリー、キャベツ、キュウリ

穀類他

白米、うどん、スパゲッティ、豆類、植物油、魚油

ざっとこんな感じだそうです。
肉、魚、野菜は生ではなく火の通ったものをあげるようにしましょう。赤身の魚、青魚は食べすぎはよくないので少量ならとのことです。

穀類は穀物フリーなんてゴハンもあるので食べることは出来ても基本、あげない方がいいのでしょうかねぇ。アレルギーある子はもちろんその食材は避けてくださいね。

ゴハンを手作りしてみよう

それでは、これらの食材を使ってぱんことのりおに手作りゴハンをあげたいと思います。レシピはとある本に書いてあるものを参考にちょっとアレンジ加えつつやってみます。

本日作るゴハンは……
鶏レバーとささみゴハン
材料はこちら。

本日の人間のご飯に使った鶏の切り落としよりも豪華ですね(笑)

ちゃららっちゃっちゃちゃちゃ
ちゃららっちゃっちゃちゃちゃ
ちゃららっちゃっちゃちゃちゃちゃ
ちゃっちゃっちゃっちゃっ
ちゃっちゃっちゃ~
ちゃっちゃっちゃ~
 
(3分クッキングのテーマ♪)

1、卵を茹でます

茹で終えたら卵黄を取り出してざく切りに。使う卵の黄身は1個で残りは人間が美味しくいただきます。ちなみに茹でる前にこの器具を使うと殻が剥けやすくなりますよ。100均に売ってます。

2、鶏レバーとささみを茹でます

ちょっと閲覧注意画像みたいになっちゃいましたね。

火が通ったら猫口大に切ります。

3、盛り付け

それらを混ぜ合わせ、かつお節をトッピングして完成です。

どうでしょう、簡単ですね。人間と違って塩コショウの味付けいらないから失敗しないでしょう。さて、ぱんことのりおは食べてくれるかな……

のりお:がつがつがつがつ
ぱんこ:…………え、のり兄美味しいにゃか?

のりおは食べてくれました。ぱんこは食べず。

いかがでしたか?愛情のこもった手作りゴハン。皆さんも試してみてはいかがでしょうか?
その後、のりおはさらに食べ完食寸前に。


 
それでは、
読んでいただきありがとうございました。

ごはんカテゴリの最新記事