猫ちゃんを迎える前に用意するもの

猫ちゃんを迎える前に用意するもの

今回は猫ちゃんを迎える前に用意しておくもの確認しておきたいものを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
※広告収入の一部は保護猫活動に役立てられます
Advertisement

絶対に用意しておくもの

ゴハン

まずは、ゴハンですね。

それも1種類だけではなく数種類用意しておいた方が良いでしょう。それとおやつもお忘れなく。
保護猫の場合は事前に保護主さんにこれまで何を食べていたか、どんな物が好きなのか聞いておきましょう。
もちろん盛り付けするお皿も必要ですし、お水を飲むお皿も必要です。猫は尿路結石になりやすいらしく、こまめに水を飲んだ方が良いので、お水は数ヶ所に置いておいた方がいいでしょう。

トイレ

トイレももちろん必要です。

システムトイレや固まる猫砂トイレなどいろんな種類があります。トイレ本体、トイレシート、砂が必要になります。

こちらも保護主さんにどんなトイレを普段使っているか聞いておきましょう。上から入るもの、屋根があるもの入り口にカバーがついているものなど様々あり、物によっては使ってくれないこともあります。

つめとぎ

忘れがちですが、つめとぎも欠かせません。

うちのぱんことのりおもしょっちゅうバリバリといでます。そのうち狩られるかもしれませんね。こちらもいろんな種類がありますがまずは、安価なダンボール製ので良いかと思います。つめとぎがないと手頃な壁などでつめをとぎはじめてしまいます。また、つめとぎがあっても他の場所でといでしまいます。その時は怒らないであげてくださいね。

キャリー

もし体調を崩したとき、また災害で外に出なくてはいけないときキャリーがないと連れ出すことができません。

普段からベッドとして使えるように置いておくとすんなり入ってくれることも。

用意しておいたほうがいいもの

キャットタワー

猫は高いところが好きです。また、登ったり飛び降りたりと運動することができるので用意してあげると良さそうです。うちは自作しましたよ。

あんまり遊んではくれませんが頂上でまったりすることはあります。

ベッド

マッタリ眠れる場所もあるといいですね。

お気に入りの場所があると猫ちゃんも安心します。

おもちゃ

遊ぶのが大好きな子も多いです。おもちゃを用意して遊んであげましょう。しっかり運動もしないとデブデブになっちゃうかも。

脱走防止グッズ

帰宅して玄関開けた瞬間に脱走してしまうこともあります。玄関扉の前に来れないようにしておいた方がよいでしょう。うちは玄関と部屋に扉があるため必要ありませんでした。ただ、キッチンシンクには入らないよう100均で買った網を組み合わせてガードを作っています。

また、暖かい季節は網戸にして外の風を感じたいものです。うちのぱんこは外の風が好きらしく窓辺でのんびりすることも多いです。ただし、油断していると網戸を開けてしまうかもしれないので開けられないようロックをしておきましょう。

稀に破られてしまうこともあるので注意して下さいね。ぱんことのりおの同じ保護主さんから里親になったおうちで、破って脱走してしまった事がありました。幸い見つかっておうちに戻ることができましたが、見つからないケースもありますので注意しましょう。

爪きり

猫ちゃん用の爪きりもあったほうがいいですね。ただし、人間と違って爪にも神経や血管が通ってるらしく、信頼関係がないうちは無理にやらないほうがいいと思います。
ぱんことのりおとは信頼関係ないと思ってませんが抱っこがイヤなのでできません。

ブラシなどのボディケア用品

毛の生え変わる春や秋はブラッシングしてあげるといいでしょう。毛玉を吐くことも減りますし家中毛だらけになることも防げます。シャンプーなども用意しておくと良いかもしれません。ただ、暴れてしまうような子はやめておいたほうがいいでしょう。迎える前に確認しておいてください。ちなみに、ぱんことのりおは触られるのが苦手なためブラッシングもシャンプーもできません……。

首輪

飼い主さんの住所と電話番号を書いたものを忍ばせておくといいでしょう。脱走してしまったときに少しでも戻ってきてくれる確率が上がります。ちなみにぱんことのりおは……お察しの通り(笑)

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。
意外と用意しなきゃいけないものが多いです。しっかり準備して迎えてあげましょうね。面倒くさいななんて思ったら猫ちゃん可哀想なので迎えるのはやめておいたほうがいいでしょうね。かわいい、かわいいだけではダメです。生き物ですから、ウンチやオシッコもしますし吐いてしまうこともあります。お気に入りのものを壊されたり汚されることもあるかと思います。

1番必要なのは、この子を家族として迎えどんなことがあっても楽しく暮らしていこうという心意気かもしれませんね。

ああ、なんかとても良いこと言った気がする(笑)

読んでいただきありがとうございました!

保護猫カテゴリの最新記事