のりおとの出会い ~世にも不思議な猫世界~

のりおとの出会い ~世にも不思議な猫世界~

皆さんご存知ですか?この世界の何処かにあるそれはそれは不思議な世界。
世にも不思議な猫世界を!?
今回は、のりおとの出会いと迎えることになるきっかけを作ったKORIRIさんの描、世にも不思議な猫世界を紹介します。まずはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク
※広告収入の一部は保護猫活動に役立てられます
Advertisement

世にも不思議な猫世界

なんともかわいい!クセになるイラストです。みんな実在する猫ちゃんがモデルとなってます。

こちらはもんじゃさん

春男くん

また、定期的に世にも不思議な猫世界展も開催していますよ。

そして、な、なんと、KORIRIさんちの春男くんとみかんちゃんもぱんことのりおと同じもちねこシェルター出身の保護猫なのです。

もちねこ小学校

こちらがのりおを迎えるきっかけとなったイラストです。

もちねこ小学校。みんなMさんによって保護された猫ちゃんたちです。みかんちゃんと春男くんもいますし、なんとなんとぱんこもいるのです!

母お手製のポーチに大好きなちゅ~るを詰め込んでもらってコッペパンを味変して楽しむ、食いしん坊なぱんこが描かれています。うんうん、ぱんこっぽい。KORIRIさんに描いてもらってとても感激し、夢がかないました。後にポストカードとレターセットとして商品化されましたが、売上はすべてもちねこシェルターに寄付というチャリティー商品となりました。

のりおとの出会い

そこにはこんなシーンも描かれていました。

もちねこファミリーの兄貴的存在ののりおが愛する妹(?)のみかんちゃんに自分のパンをおすそ分けするという暖かいシーン。このシーンとともに、実は現在、里親募集中であるというツイッターの投稿がありました。

以下がのりおの紹介文です。

人間や環境をよく観察してくれる、空気の読める猫の「のりお」くんです。

のりおくんの一番いいところは、性格がすこぶる良いということにつきます。人にも猫にも友好的で性格の良さが表情や動きによく表れています。

シャイな男です。内気な男です。でも、優しいのりおくんなのです。どんな猫ともうまくコミュニケーションをとってくれます。

甘えたいくせに、、、

と、そんなのりおくんの心がひしひしとこちらに伝わってきます。

手をのばしてもさわることはできない、微妙な距離を保ちつつ人間のそばで遊んでもらえるのをチラっとこちらを見ながらなんでもないよって顔して待っています。

触ろうとするとバッ と逃げますが、とてもうれしそうな走り方をするので、そんな彼を見ていたら飽きることがありません。

柄の白い部分はひときわ目立ち、ほっぺ模様がポイントでアイデンティティを感じるデザインの猫です。

ゆっくりと少しずつでいいから生活になれていってねとのりおくんのペースでいいよって言ってくださる方、そんな家族をのりおくんは待っています。

お留守番もできます。トイレも完璧にできます。 爪とぎもきちんとできます。 
艶々した毛並から見て取れます。健康な猫です。 
ほかの猫ととても仲良くでき、寛大なのりおです。

抱っこは苦手タイプですが、猫と人間の距離感について、お互いが寄りそいつつも独立していることもできる、そんな感じがとても心地よい猫です。

Mさんの愛が伝わってきます。

のりおを迎える

ぱんこの里親となって約半年。たまに1泊のお留守番をしてもらって帰ってくると、いつもさみしそうに駆け寄ってきていました。ぱんこに同居猫ちゃんがいたらいいかなと思っていたところでした。のりおならいい兄貴になるのではと思ったのです。見た目イケニャンということもあり問い合わせも数件。奥さん、Mさんへ直電です(笑)

のりおがやってきた

こうしてのりおの里親となり、2017年5月4日にぱんこと同じようにのりおがMさんとともにやってきました。

美しいお顔。だが、放心状態?のりおもぱんこと同じなでなでや抱っこは苦手なタイプです。まだまだ、ごはん以外で僕が近寄ると逃げて行ってしまいます。でも、ぱんこ以上に甘えん坊な気がするんですよね。

今ののりお

もちねこシェルターではみんなの兄貴として振舞っていたようですが、うちではなんだか子供に戻ったような感じで、ぱんこが食べているご飯を奪ったり

ぱんこの居場所を奪おうとしてぱんこにキレられたり

ぱんこを追っかけまわしたりと結構やんちゃです。

その長い尻尾を活かしてぱんこと遊んであげていることもあります。

最近はよくポカスカとケンカごっこみたいことしてます。しかし、ぱんこは迷惑そう(笑)付かず離れず、良い関係を保っています。どちらかというとのりおがぱんこと一緒にいたい、遊びたいのかなと。それに対し、ぱんこは若干冷たい(笑)

徐々に父にも慣れていつかモフモフさせておくれよ。

以上です。

ではでは読んでいただきありがとうございました。

のりおカテゴリの最新記事